本文へスキップ

白髪染めについての最新情報をお届けします

ギャラリー

気になる生え際と白髪染めと私

30代半ばから白髪がぽつぽつと生え始め、気になりだし もう「白髪染歴:約10年」になる。 美容室で月一染めてもらっていたが、お金はかかるし 予約が面倒、飛び込みで行っても待たなきゃいかん、ということで 何度か、自宅で白髪を染めたことがあった。

白髪染めを選ぶポイント

白髪染めを選ぶとき、イメージで選ぶ人が多いですが、よく白髪染めの性質を知った上で選ぶほうがいいとされています。というのは、一度で染まるわけじゃないので、何度も繰り返し使うことになるので髪にやさしく化学染料が入っていないものを選んだほうがいいと聞いたことがあります。

髪の毛をいたわるヘアカラートリートメント

髪の毛を傷めずにしっかり白髪の染まる商品をご紹介します。昆布エキス、そのほか自然植物28種類の成分が配合されている、利尻ヘアカラートリートメントです。

白髪染めの効果

年齢を重ねていくと気になるのが白髪です。男性の場合にはそれほど気にならないのかもしれませんが、白髪がある事によって老けて見えてしまう為、特に女性の場合は、白髪染めを利用している方が沢山います。

気になる生え際と白髪染めと私

30代半ばから白髪がぽつぽつと生え始め、気になりだし もう「白髪染歴:約10年」になる。 美容室で月一染めてもらっていたが、お金はかかるし 予約が面倒、飛び込みで行っても待たなきゃいかん、ということで 何度か、自宅で白髪を染めたことがあった。

下記アイテムを使った。
a.トリートメントタイプ
  私のオススメはこれ!→LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント
b.コーム型
c.チューブ型の、「染毛」モノ

【a.トリートメントタイプ】 「トリートメント」としてしか機能せず。 浴室の壁は染まったものの、肝心な「白髪」に色は入らず。 何種類か、数か月試したけど…残念。

【b.コーム型】 染毛料が入った容器の先にコーム(櫛)が付いていて、梳かしながら白髪(生え際)を染めるもの。 非常に残念なことに…これも白髪は染まらず仕舞い。 その代り…「地肌」に色が入りました。 生え際の地肌に黒く色が入った様は、「デカい黒子」。 非常に情けない気分を抱え、出勤したことを今も思い出す。 【c.チューブ型の、「染毛」モノ】 「白髪染」として市販されている商品を使った際… やはり染まらず、美容室に行く羽目になり、結局は余計なお金を使う羽目に。

私の場合、結局は美容室でプロにお任せ。 最近は「リタッチ」ということで、根元から1、2センチの白髪を 2000円位で染めてくれるお店もあるしね。

newpage1.htmlへのリンク

newpage4.htmlへのリンク

newpage6.htmlへのリンク